JTBGMTの歴史|訪日旅行ならJTBグローバルマーケティング&トラベル

JTBGMTの歴史

日本の外国人誘致(インバウンド)ビジネスの歴史は、そのままJTBグローバルマーケティング&トラベル(JTBGMT)が歩んだ歴史でもあります。

1912年、外国からのお客様を日本へお迎えするという役割をもって、JTBの歴史がスタートしました。それから1世紀、私たちJTBGMTはその元来のミッションをコアビジネスとして事業を展開し、世界各国のお客様を日本へお迎えしています。

1912年

ジャパン・ツーリスト・ビューロー創立

現在の株式会社ジェイティービー(JTB)の前身であるジャパン・ツーリスト・ビューローが、外国人旅行の誘致・斡旋を目的に創立されました。

翌年には、国内で神戸・下関・横浜・長崎、海外でも主要都市30ヵ所に次々と案内所を設置。事業を拡大しました。

ジャパン・ツーリスト・ビューロー
創立時記念撮影

1914年

外国人向け鉄道院委託乗車券を販売開始

和英両文併記、通用期間3ヵ月、いつでも途中下車可能など、外国人観光客に配慮した「外人用切符」の販売を、東京案内所にて開始しました。

1964年

訪日外国人向けパッケージ旅行「サンライズツアー」販売開始

日本初の訪日外国人向けパッケージ旅行として「サンライズツアー」の販売をスタートしました。日帰り旅行から16日間に及ぶ長期ツアーまで、多彩なコースを展開。全コースガイド付きで、個人では訪れることが難しい場所も観光できると大好評をいただき、延べ600万人以上のお客様をお迎えしてきました。

サンライズツアー

サンライズツアーシンボルマーク
(1967年制定)

東京オリンピック 取扱

1970年

大阪万博(日本万国博覧会) 取扱

1998年

長野オリンピック 取扱

2005年

JTBグローバルマーケティング&トラベル営業開始

JTB内でインバウンド事業を展開してきた国際旅行事業部が分社化され、JTBグローバルマーケティング&トラベル(JTBGMT)が誕生しました。業界トップの実績が培った訪日外客のおもてなしノウハウを引き継ぎ、外国からのお客様を日本へお迎えするという元来のミッションをコアビジネスに、事業を展開することとなりました。

Worldwide Partnership Global Marketing&Travel

愛・地球博(日本国際博覧会)取扱

2008年

富裕層向け旅行ブランド”BOUTIQUE JTB”立ち上げ

北海道洞爺湖サミット(第34回主要国首脳会議)取扱

2009年

株式会社JAPANiCANと合併

訪日外国人旅行者に日本国内のホテルや旅館、ツアーのオンライン予約・販売を行う、株式会社JAPANiCANと合併しました。個人旅行が増加するアジアからのオンラインでの取扱拡大をめざし、英語・韓国語・中国語(繁体字・簡体字)でサイトを運営しています。

JAPANiCAN.com

2010年

APEC(アジア太平洋協力)会議 取扱

2012年

株式会社JTBエイティーシーと合併

同じJTBグループでアジア市場を中心にインバウンド事業を展開する、株式会社JTBエイティーシーと合併しました。JTBGMTは、全世界からのお客様をお迎えする日本のリーディングDMCとして、世界中の人々がグローバルな交流をより活発に行える環境づくりを行ってまいります。

国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会 取扱

※ 当ページに掲載されている写真の一部は当社書庫に保管されていた写真や現物を画像化したものです。
これらの画像の使用についてはプライバシーの侵害にあたらないと判断し掲載しておりますが、掲載している全ての画像に写っている個人および建物の所有の方が公開を拒否される場合は、直ちに掲載を取りやめますので、お手数ですが jtbgmt-webmaster@web.jtb.jp までご連絡ください。
尚、当サイトに掲載されてるいる写真のコピー、転載などの二次利用は固くお断りしております。

TOP

企業情報トップへ戻る