CSR活動|訪日旅行ならJTBグローバルマーケティング&トラベル

CSR活動

環境保全

環境宣言

株式会社JTBグローバルマーケティング&トラベルは、かけがえのない自然環境を慈しみ、地球環境保全への最大限の配慮に努めることを基本理念として、ツーリズムに関わる企業活動を誠実に推進することにより、持続可能な循環型社会の実現を目指します。

環境方針・環境基準

  1. 株式会社JTBグローバルマーケティング&トラベルは、エコツーリズムを推進します。自然環境や歴史文化に配慮した高品質な商品・サービスを提供することで、お客様に魅力的な地域資源とのふれあいの機会を提供するとともに、地域経済の活性化に寄与し、資源が守られていくことに貢献いたします。
  2. 株式会社JTBグローバルマーケティング&トラベルは、パンフレットの利用量及び廃棄量の削減をはじめ、業務遂行において可能な限り資源の節約とリサイクルに努めます。
  3. 株式会社JTBグローバルマーケティング&トラベルは、環境保護活動を実践し、社会における環境意識の高揚に寄与します。

「JTB地球いきいきプロジェクト」

『JTB地球いきいきプロジェクト』とは、お客様や地域のみなさまとJTBグループの社員が一緒になり、元気な未来を創造していくJTBグループのCSR活動です。JTBグローバルマーケティング&トラベルは、会社の所在地でもある品川区の天王洲アイルにて『JTB地球いきいきプロジェクト「打ち水大作戦2018」』を開催しました。2018年度は社員の子供たちが職場を見学するイベント「GMT夏休み子供参観日」を同日に開催。水は東京都の再生水を利用しており、子供たちも環境保全について学びながら賑やかに打ち水を楽しみました。

 

トピック

「女性活躍推進法」に基づき
「えるぼし」2つ星を取得

JTBグローバルマーケティング&トラベルは、厚生労働大臣より「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づく優良企業認定マーク「えるぼし」2つ星を取得しています。

「JATA環境基金」社員募金に協力しています

日本旅行業協会(JATA)が自然・文化遺産の保護/保全活動を目的に設立した「JATA環境基金」の社員募金に毎年協力しています。2018年度は社内フリーマーケット「GMTマルシェ」を開催し、売上金をすべて「JATA環境基金」に寄付しました。

エコキャップ回収実績:累計20万個達成!

JTBグローバルマーケティング&トラベル労働組合が中心となり、社内でエコキャップを回収。2018年8月に累計20万個を達成しました。これにより、1,500kgのCO2削減に貢献することができました。

~命のビザ~ 76年の時を超えた心の交流

第二次世界大戦中、日本人外交官・杉原千畝がユダヤ人の命を救うため発給した「命のビザ」。ビザを手にしたユダヤ人の多くは大陸を横断して日本へ渡り、そこから世界各地へ脱出して命をつなぎました。ここで大陸から日本への船での輸送斡旋を担ったのがジャパン・ツーリスト・ビューロー、現在のJTBグループです。

その中のおひとり、ソニア・リードさんの2人のご息女、デボラさんとシェリーさんが、ジャパン・ツーリスト・ビューローの流れを引き継いで現在訪日インバウンドの業務にあたる、私たちJTBグローバルマーケティング&トラベルのオフィスにご来訪くださいました。交流の様子はこちらからご覧ください。

CSRレポート

企業情報トップへ戻る

TOP